FC2ブログ










23 成功しない人の3つの特質 その1-1「既にオート化している逃避質問」

ごきげんよう、フーです 


今日も応援よろしくお願いします。 





情報商材 ブログランキングへ         



ご訪問いただきまして、どうもありがとうございます。 



当サイトでは、成功のための根本となる、マインドセット情報をお届けしています。



こちらのシリーズでは「潜在意識のメカニズムを知ろう」


について記事を更新していきます。




従来の「成功法則」とか


「引き寄せの法則」



学んで来られている方にとっては、目から鱗の世界です。



潜在意識や、自分の隠れた才能を見出したいと思っている方に、


きっとお役に立つ情報です。



これはマインドセット記事改め、推敲し再構成したもので


マスターは全105の講義を新たに書き下ろしました。



この内容はのちにマスターの肉声でYouTubeにアップロードする予定です。



皆さま、どうぞお楽しみに。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

23 成功しない人の3つの特質 その1-1「既にオート化している逃避質問」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

成功する人の3つの特質が理解出来たら、

成功しない人の特質はその逆なので理解はとても簡単です。


「タオめる」という、それらの特質が「まだ」無いと言う事だけではないのです。

それどころか、弱者にとって「タオめる」とは逆質のモノが、

それはそれは丈夫に・頑丈にと言える程、しっかりと育っています。


今まで、人の認識には010で4段階のレベが有ると学んで来ました。

学んだ知識や概念が認識の第3段階までではアイディアの源泉とはならず、願望や質問も自動化しません。


第4段階にまで完全昇華されてこそ、それはオートパイロット機能として働き始めるのです。

そしてそれには、008でお伝えした同類親和の法則」が働き始めます。


また、知ると知らないとに拘わらず、

繰り返される事は良かれ悪しかれ落とし込まれるとも知りました。


結果から申し上げますと、私たちは、成功の要素を退ける何気ない心遣いに拠って、

一人平均200~300個の「成功や幸せのブロック」と成るモノを落とし込んでしまっています。


建設的な意味や美徳を表す言葉などに付いて、マイナーなイメージが癒着しているのです。

例えば貧乏で苦しんでいたりすると、お金は苦しみの対象として認識される様になります。


お金が欲しくてたまらない筈なのに、お金がない事の苦痛ばかりを心に描くからです。
何とかお金を手にする局面でも、喜びよりも「たったこれだけ」等と言う、

不平不足の念をお金と言う存在にせっせせっせと練り込んでいます。


そう言う心遣いは一体何を招く事に成るでしょう?

潜在意識は、快か不快かで判断するので、

不快を感じるお金そのものを益々遠ざけようと働いて来ます。


自分にとっての損得を一切鑑みない他人的な潜在意識は、

豊かさが近付いて来るのを、露払いの様に先回りして避ける様になるのです。


それこそが嫌な事だ・避けるべき事だと感じさせるのです。

勘違いです。


貧乏は、この様に心的レベルの無自覚な罪を犯しているので、

その罰として、益々貧乏がやって来ます。


しかし本人は、そういう心遣いが、得たい筈のモノを自らが益々遠ざけている等とは考えもしません。
自分にとって本当は為になる事でも、それが為になるとは如何しても感じられないのです。


同じ様な事が、弱者は気付いていないというだけで、人生の各所で毎日の様に起こっています。

そして、良かれと思ってしている何かが核となって、知らない内にそれに同類親和の法則が働き、

気付かないままこんなにもブロックをたくさん増やしてしまっていたのです。


その核となってしまったものは3つです。


その第一が、「出来る理由を探す立ち向かう質問」とは真逆の

「逃避方向を向いている質問」です。


多少前向きに生きている人と言えども、

殆どの人はそれが第段階に既に完全に落としこまれているのです。


出来る理由より、出来ない理由の方が自然に観えて来ませんか?

或いはやりかけた事がいい事の筈なのに、

そしてやるべき事なのに長続きしないという事は有りませんか?


逃避質問が落とし込まれているとはそういう事です。



今日はこの辺で。



前回の記事はこちらから


   ↓  ↓

22 成功する人の3つの特質 「タオめる」その5




次回の記事はこちらから



   ↓  ↓


023 成功しない人の3つの特質 その1-2「既にオート化している逃避質問」。


スポンサーサイト



[ 2021/02/21 21:08 ] 未分類 | TB(0) | CM(-)

22 成功する人の3つの特質 「タオめる」その5

ごきげんよう、フーです 


今日も応援よろしくお願いします。 





情報商材 ブログランキングへ         



ご訪問いただきまして、どうもありがとうございます。 



当サイトでは、成功のための根本となる、マインドセット情報をお届けしています。



こちらのシリーズでは「潜在意識のメカニズムを知ろう」


について記事を更新していきます。




従来の「成功法則」とか


「引き寄せの法則」



学んで来られている方にとっては、目から鱗の世界です。



潜在意識や、自分の隠れた才能を見出したいと思っている方に、


きっとお役に立つ情報です。



これはマインドセット記事改め、推敲し再構成したもので


マスターは全105の講義を新たに書き下ろしました。



この内容はのちにマスターの肉声でYouTubeにアップロードする予定です。



皆さま、どうぞお楽しみに。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

022 成功する人の3つの特質 「タオめる」。その5

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

立ち向かう質問は答えを求めて瞑想状態を導きますし、

瞑想で求めるモノは立ち向かう質問の答えです。


落としこむ感覚は、自分の中での再描写・シミュレーションが必要ですし、

瞑想の再描写の反復で落とし込んで行くのです。


立ち向かう質問自体、落としこまれていないとそう成りませんし、

それが落とし込まれて自動的に成ってるが故に、同類親和の法則が働いて、

次々と関連事項を落とし込んで行くという訳です。


成功する質の在る人=強者は、大変優れたるこの「感じ方」が在るが故に、

人に教えられるレベルのスキルが年々蓄積し、カリスマに成っていくのです。


貴方もこの質を完全に落としこんだら、

その瞬間から強者としての道を歩み始める事になります。


「強者の質を持つ者に啓けている成功のコツを一言で表すなら、それは何だ?」

と問うならば、それは「タオめる」感覚を啓く事と申し上げます。


タオめる」とは何ぞや?

それは、立ち向かう質問を持ち続け、落としこむ感覚を啓き、瞑想習慣を持っている事。


この3つの知識を一つのモノとして、使い倒してしまいましょう。

最初は言葉を覚える為に書き出して、しばらく呪文の様に唱え続けるといいですね。


併せて「成功したい・成功するんだ」という想いを、

快のイメージと共に日々繰り返し、願望を育てて下さい。


次回からは、この3つの質とは逆の状態に在る、

弱者に根付いてしまったその3つの要素の一つ一つを詳細に見て行きましょう。


今日はこの辺で。



前回の記事はこちらから


   ↓  ↓

22 成功する人の3つの特質 「タオめる」その4


[ 2021/02/16 20:22 ] 未分類 | TB(0) | CM(-)

022 成功する人の3つの特質 「タオめる」。その4

ごきげんよう、フーです 


今日も応援よろしくお願いします。 





情報商材 ブログランキングへ         



ご訪問いただきまして、どうもありがとうございます。 



当サイトでは、成功のための根本となる、マインドセット情報をお届けしています。



こちらのシリーズでは「潜在意識のメカニズムを知ろう」


について記事を更新していきます。




従来の「成功法則」とか


「引き寄せの法則」



学んで来られている方にとっては、目から鱗の世界です。



潜在意識や、自分の隠れた才能を見出したいと思っている方に、


きっとお役に立つ情報です。



これはマインドセット記事改め、推敲し再構成したもので


マスターは全105の講義を新たに書き下ろしました。



この内容はのちにマスターの肉声でYouTubeにアップロードする予定です。



皆さま、どうぞお楽しみに。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

022 成功する人の3つの特質 「タオめる」。その4

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

子供は幼児期うるさい位に「何故?」を問いますし、

一旦覚えた歌など繰り返しまくって落とし込み、夢想するに現実の限界など考えません。


しかしいつしか、多くの人はそれに封印が掛けられてしまいます。

ですから、当シリーズでお伝えする技法を通してこの封印を解き、原点に返ればいいのです。


出来る理由を探し出す質問を発し、解ったからこそ更に反復してオート化させ、

創造的な想像力を養うべく意識の力を練り上げる訓練を始めればいいのです。


何でこんな簡単な事に誰も気付かなかったのでしょう?

適切な教材のフォローを借りて、意識し続けるなら誰でも出来そうな事です。


しかし、このちょっと生えた毛の差が、知らないと言うだけで、とんでもない違いを造り出していたのです。

競馬でも、わずか鼻の差が賞金1000万円か10万円か、と言う程の違いを造るのです。


この①~③の「立ち向かう質問落としこむ感覚・瞑想する習慣」という質は

成功を勝ち取る人の癖であり、習慣であり、

これが彼らを「次々と学んだ事をスキルにまで昇華させる原点」だったのです。


弱者の感じ方とはまるで逆さまになっている事が解ります。

この質故に、例えて、強者はビジネスマインドが

「良き心構えという貯金」の大金持ちになっている訳です。


金銭など、物的な成功を手に入れる前に、

マインドセットを伴ったビジネスマインドが豊かなのです。


これが「持つ前に成れ」という事です。ここに着目する事が重要です。
殆どの人は、多少前向きな心構えを持っているツモリでも、

成功に関するスキルはほとんど蓄積しません。


何故なら、弱者はこの3つの質とは逆の質が既に自動化しているため、

ビジネスマインドに貯まり行くモノが無く、

努力が水の泡になるパターンを知らずしてやり続けているからです。


早く気付きましょう。

でないと、どんなに高価な身銭投資をしても、

学ぶ知識が衝動化しませんから、行動力が出て来ません。


3つの質を持たない為に、積んだ努力は、

常に認識の第三段階以前でストップさせているので、

丁度穴の空いたポケットにコインを貯金し続けている様な状態に成っていたのです。


これからは、日々の努力を無駄にしないで、スキルとして蓄積する様に意識しましょう。

その為にも、今まで誰も解き明せなかったこのメカニズムを良く理解し、落とし込む事です。


これら3つの質は一体モノです。

別々に分離独立しているモノではありません。

理の理解の為に、便宜上3つの要素に分けているだけです。



今日はこの辺で。



前回の記事はこちらから


   ↓  ↓

22 成功する人の3つの特質 「タオめる」その3



次回の記事はこちらから



   ↓  ↓


22 成功する人の3つの特質 「タオめる」その5


[ 2021/02/10 20:05 ] 未分類 | TB(0) | CM(-)

022 成功する人の3つの特質 「タオめる」。その3

ごきげんよう、フーです 


今日も応援よろしくお願いします。 





情報商材 ブログランキングへ         



ご訪問いただきまして、どうもありがとうございます。 



当サイトでは、成功のための根本となる、マインドセット情報をお届けしています。



こちらのシリーズでは「潜在意識のメカニズムを知ろう」


について記事を更新していきます。




従来の「成功法則」とか


「引き寄せの法則」



学んで来られている方にとっては、目から鱗の世界です。



潜在意識や、自分の隠れた才能を見出したいと思っている方に、


きっとお役に立つ情報です。



これはマインドセット記事改め、推敲し再構成したもので


マスターは全105の講義を新たに書き下ろしました。



この内容はのちにマスターの肉声でYouTubeにアップロードする予定です。



皆さま、どうぞお楽しみに。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

022 成功する人の3つの特質 「タオめる」。その3

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「自分のモノの見方そのもの」とは、自然に自分自身の発想として浮かび来るモノです。
この様な質問が自分の発想として浮かび来るまで、この質問を反復し続けましょう。


普通の人が見る様に、成功者がしている事に注目するのではなく、

どんな感じ方が在るのかに着目するのです。


再度申し上げます。

その成功者は、何をどの様に感じる性質があったからその様に成り得たのか?

と問う事です。


どんな気質がその人をして成功に至らしめたのでしょう?

そして、如何してその様な気質が形成されたのでしょう?


何でも、原点を理解しそれから真似をするなら、それは非常に簡単な事です。

但し、時間と反復は必須です。


成功者といえどもその気質を形成するには

膨大な時間が掛かっています。


今までの復習も兼ねて、その成功者に落としこまれて自動化している特長を

3つ記してみましょう。


「立ち向かう質問」が自動的。

「落としこむ」感覚を啓いている。

瞑想する習慣を持っている。


この3つを覚えやすくする為に、

頭文字を並べて「立落瞑る=タオメ~ル=たおめる」と呼びましょう。


成功者の成功し始めた時の、

成功の階段を登るスピードはとてつもない早さがありますね。


出来れば成功したいと考える

「前向きであったとしてもいつまでも普通の人」が人口比で約10%います。


自身の向上の為に身銭を投資し、

本を買い、セミナーや講座に出、また高価な教材を買う人です。


そんな前向きな人を尻目に、

ある一部の人達は圧倒的なスピードで成功の階段を駆け上がります。


そのスピードは100倍と言ってもいいでしょう。

前向きに努力している人と、何処にその違いが在るのか?


実は①~③のこの3つを質として啓く事が、「前向きであったとしてもいつまでも普通の人」

のマインド成長の100倍のスピードと成る原点の質だったのです。


何故なら、「立ち向かう質問落としこむ感覚・瞑想する習慣」のこの3つこそ、

日々積んだ努力を須(スベカラ)く、総てスキルに変換する方法だったからです。


これって、普通の人の前向きさに「ちょっと毛が生えた」程度じゃないですか。

しかもそれは幼少期には誰でも持っていた資質ですね。



今日はこの辺で。



前回の記事はこちらから


   ↓  ↓

22 成功する人の3つの特質 「タオめる」その2



次回の記事はこちらから



   ↓  ↓


22 成功する人の3つの特質 「タオめる」その4




[ 2021/02/06 20:37 ] 未分類 | TB(0) | CM(-)

22 成功する人の3つの特質 「タオめる」その2

ごきげんよう、フーです 


今日も応援よろしくお願いします。 





情報商材 ブログランキングへ         



ご訪問いただきまして、どうもありがとうございます。 



当サイトでは、成功のための根本となる、マインドセット情報をお届けしています。



こちらのシリーズでは「潜在意識のメカニズムを知ろう」


について記事を更新していきます。




従来の「成功法則」とか


「引き寄せの法則」



学んで来られている方にとっては、目から鱗の世界です。



潜在意識や、自分の隠れた才能を見出したいと思っている方に、


きっとお役に立つ情報です。



これはマインドセット記事改め、推敲し再構成したもので


マスターは全105の講義を新たに書き下ろしました。



この内容はのちにマスターの肉声でYouTubeにアップロードする予定です。



皆さま、どうぞお楽しみに。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

022 成功する人の3つの特質 「タオめる」。その2

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

それを「弱者の成功戦略」と呼んでいます(無料メール講座有り)

今まで誰も提唱しなかった概念です。


この潜在意識をクリーンにする技法を訓練によって習得しつつ、

同時に強者の質を啓く訓練も進めて行きます。


ですから「強者の質とは何か?」という質問を持ち続けて、

強者の質を啓く事に関心を持って下さい。


そうする事によって、「これさえ在れば、絶対に成功出来る!」

・・・その知識が貴方のモノと成るのです。


いままで誰も解き明かさなかった「潜在意識のメカニズム」が遂に解き明かされました。

それを真に理解する事で、成功する事・お金が稼げる様に成る事、

それはまるで普通に呼吸したり歩いたりする様に自然な事と成ります。


強者の質を持つ人はこの様な感覚を、直観的に習得していたのです。

弱者にとっての成功への階段の第一歩は、

正しい「理」を一つ一つ納得が行く様に修得する事からです。


理の理解の心からの納得は、疑念を排し、

正に今成功を求める自分に必要な「信じられる心」を育てます。


「理が理解出来た・納得が起こった」と言うのはヒーロー体験です。

一つでも多くの勝ち味を体験して下さい。


さあ、繰り返し巻き返しという実に単純な反復の原理を使って、

有用知識の落とし込みに邁進し、基礎作りに励みましょう。


読書百遍義自ずから見(アラワ)る」です。

現代人は活字が読めなくさせられています。


それは成功に必須の「独立して自ら思索する能力」を封印してしまう、恐るべき現象です。

それもエスタブリッシュメントの意図ですが、

各人にとっては、それも潜在抗力の一つとなっています。


それを打ち破る為にも、当シリーズ記事の反復に勤しみ

「読み込み・読み解き・読み取り」ましょう。


さて本論です。

人は、成功者のした事=doingに注目します。


Doingとは、華やかな、目に見える部分です。

そして自分もそう成りたいと考える人は、そこのdoingの部分を見て真似ようとします。


成功を因数分解したその要素の多くを、無意識に退ける感覚・感じ方を内在させたままにです。

だから、殆どの人は巧くいかなくなるのだと、今まで説明してました。


私たちが注目すべきは、成功者のbeingの部分です。

・・・Beingとは何でしたか?


その成功者は、何をどの様に感じる性質があったからその様に成り得たのか?

と問う事です。


どんな気質がその人をして成功に至らしめたのでしょう?

そして、如何してその様な気質が形成されたのでしょう?


そしてこの様な質問が「自分のモノの見方そのもの

になっている事が重要です。



今日はこの辺で。



前回の記事はこちらから


   ↓  ↓

22 成功する人の3つの特質 「タオめる」その1



次回の記事はこちらから



   ↓  ↓


22 成功する人の3つの特質 「タオめる」その3




[ 2021/02/01 20:59 ] 未分類 | TB(0) | CM(-)